LLP法人設立支援

 合同会社(LLC)とは?


 合同会社とは、20065月の会社法施行によって、新しく創設された法人形態です。

日本語に訳すと、「有限責任会社」となります。

 まとまった資金の調達を目的として設立され、基本的に出資者(=株主)と経営者がはっきりと分離している「株式会社」と違い、合同会社は、出資者と経営者(会社法上、「社員」といいます。)が一致しているという点で大きな特徴があります。

 

■ 合同会社と株式会社の違い 

 

合同会社 

株式会社 

法人格 

あり 

資本金の額の制限 

なし

1円から設立可能

出資者の責任の限度 

有限責任 

会社の機関設計

特に制約なし

1名から設立

できる 

最低1名の取締役+株主総会の設置 

役員の任期 

任期なし 

最長10年(定款に定めた場合) 

定款の変更には 

社員(出資者)

全員の同意 

株主総会の決議 

決算の公告義務 

なし 

あり 

設立時に定款の認証 

なし 

あり

※認証費用として5万円 

設立時、定款の印紙代 

必要

※印紙税4万円、ただし電子定款の場合は0円 

設立登記時の登録免許税額 

6万円~

※資本金の

額による 

15万円~

※資本金の額による

設立にかかる期間 

2週間~1.5ヵ月程度 

 

 

お問い合わせ/ご予約

新潟会社設立支援センター

運営:金子行政書士事務所

電話・fax 0257-24-7001

メールでのお問合わせ



Copyright(C) 2014 金子行政書士事務所 All Right Reserved